ジャパン少額短期保険はジャパンベストレスキューシステム株式会社(東証一部上場)の100%子会社です。同社では「新すまいRoom保険」という家財保険を扱っています。

自然災害等によって発生した家財の損害の補償と、家主や第三者への損害賠償の補償がセットになった家財保険です。

一般的な火災保険のように地震保険を付帯することはできませんが、地震火災費用保険金という制度が設けられていて、多少の保険金(契約時保険金額の5%)が出るようになっています。

「新すまいRoom保険」の補償内容

新すまいRoom保険には、保険金300万~1,000万の間で100万円刻みの全8プランが用意されています。

保険期間は2年で、払い込み方法は一括のみです。クレジットカードでの支払いに対応していて、ネットでの加入も可能です。

基本補償

新すまいRoom保険の各プランは、被災時の保険金額が異なるだけで、基本補償はどのプランを選んでも同一です。

火災 落雷 破裂・爆発
風災(竜巻 台風など) 雪災 雹災
水漏れ 物体の落下・飛来・衝突
盗難 水害(洪水 床上浸水・床下浸水など)
騒擾 いたずら

費用補償

費用補償が充実しているという点が、新すまいRoom保険の特徴の一つです。

持ち出し家財保険金 臨時費用保険金
修理費用保険金 水道管等修理費用保険金
地震火災費用保険金 ドアロック交換費用保険金
ピッキング交換費用保険金 残存物清掃費用保険金
近隣見舞費用保険金 緊急避難費用保険金
洗面台交換費用保険金 ガラス交換費用保険金
便器交換費用保険金 浴槽交換費用保険金
遺品整理費用保険金 損害防止費用保険金

賠償補償

新すまいRoom保険には賠償責任補償もついているので、何かあっても安心です。

家主向け賠償責任保険 第三者向け賠償責任保険(個人賠償責任

口コミ・評判

賃貸住宅

●●2013年に念願のマイホームを購入しました。とは言っても、大きくて豪華な戸建て住宅ではなく、お値打ち価格だった分譲マンションです。ちょうど低層階だけ値下げのキャンペーンを行っていて、主人と何度もモデルルームを見たり相談したりして、この分譲マンションに決めました。

分譲マンションそのものも結構な金額ではありましたが、それ以上に驚いたのが火災保険の金額でした。東京海上日動や三井住友海上などの大手損保を例に挙げて、ファイナンシャルプランナーの方が保険料を試算してくれたのですが、長期間にわたる契約であるため、思っていた以上の金額になってしまったのです。

それでもファイナンシャルプランナーの方によると「分譲マンションですから、これでも相当安い方ですよ。戸建て住宅になると倍以上の保険料がかかります」とのこと。戸建てを買える人はすごいなぁと思ったものでした。

ただ、その分譲マンションでは火災保険の加入先の指定はありませんでしたので、より安いところ、そして2,3年程度の短期契約を繰り返すスタイルのところを求め、インターネットで色々と検索しながら探してみました。

その際に発見したのがジャパン少額短期保険でした。お問い合わせの電話番号が掲載されていたため、早速電話して保険料や気になることなどを聞きました。オペレーターの方も受け答えが良くできていて、良かったと思います。こんな経緯があり、我が家はジャパン少額短期保険にお世話になることを決めました。

●●私は結婚して戸建てに住んでいるため、特に安心できる大手の東京海上日動の火災保険に入っていますが、私の妹はまだ結婚もしておらず、1人で賃貸マンションで暮らしています。そんな妹の話になるのですが、ちょっと聞いてみたところ、妹はジャパン少額短期保険という保険会社の火災保険に入っているそうです。

聞いたことのない保険会社であることや、少額短期保険というものをよく理解していませんでしたので、最初は大丈夫かな?と思いましたが、インターネットで調べてみるとちゃんとした保険のようでしたので、少し安心しました。

また、妹は知人の紹介で入ったと言っていましたが、今回の件で少額短期保険という新しいタイプの保険を知ることができ、勉強にもなりました。

●●賃貸アパートに入居するにあたり、ちょっと事情があってできるだけ早く火災保険(家財保険)に入る必要がありました。早く入るためにはインターネットで申し込みができるところしかないと思い、インターネットでそのような火災保険を検索していたところ、こちらのジャパン少額短期保険の火災保険を見つけました。

すぐにインターネットで契約でき、更に保険料も年間7,600円~(プランによって異なります)という安さ。そして申し込みと同時にクレジットカードで支払いまで済ますことができるというスピーディーさに惹かれて、ジャパン少額短期保険に決めました。あまり時間に余裕がないという方には特におすすめです。

●●賃貸住宅だとほとんど必ず契約の条件として火災保険に入ることになると思います。また、その保険も不動産会社からだいたい決められていて、その保険会社と契約することになると思います。

余程、保険料が高くなければそのままでいいと思います。私の場合も賃貸の契約の時に不動産会社から提示された火災保険をそのまま契約しました。2年毎の契約で1万5千円の保険料なので、それほど高くなくないと思います。

対応などは実際に保険会社の人とは対面でやりとりがなく、更新時なども全てはがきや封書などの書面のやり取りで問題はないと思います。火災は生涯でほとんどの人が遭遇することはないと思いますが、やはり入っておいたほうが安心だと思います。

継続で入れば保険料の割引などがあればさらにいいと思いますが、もともと少額なので妥当な金額かもしれません。

●●あまり生活に余裕がありませんでしたので、安くて単年契約が可能で、そしてクレジットカードで支払える(ポイントが貯まるため)家財保険を探していたところ、ジャパン少額短期保険の「新すまいRoom保険」を見つけました。

ホームページに記載された補償内容などを見てみると、どうやら他社の家財保険とほとんど違いはなさそうでしたし、更に前述の条件を全て満たしていましたので、すぐにこちらで手続きを進めました。たいした家財はありませんでしたので、年間保険料が最も安いプラン(7,600円)を選びました。

契約してから半年も経っていませんので、まだ保険を使うといったことはないのですが、賃貸アパートですし、保険料も安くすることができて良かったです。

●●引っ越し先の賃貸アパートで火災保険に加入する義務がありましたので、ジャパン少額短期保険に加入しました。「補償は厚くなくても良いから保険料が安くて済むもの」という希望を家主に出したら、こちらの保険を勧められたという経緯です。

正直、少額短期保険なんて聞いたこともありませんでしたので、どうしようかな…と迷ったりもしたのですが、家主がこれで良いと言うのであればいいかと思い、保険料も安かったので加入することを決めました。まだ、保険を使うような場面に遭遇していませんが、万が一のために備えておきたいと思います。

●●私はジャパン少額短期保険の「新すまいRoom保険」の500万プランに入っているのですが、実際に保険にお世話になったことがあります。

大きな火事や自然災害ではなく、盗難による家財の被害を補償してもらいました。盗まれたものを補償してもらえるとは思っていなかったので、嬉しいと同時にとても助かりました。

私が住んでいる賃貸住宅のある地域は、世間一般には治安が良いとされています。現に数年暮らしていても、一度として大きな事件などは発生していません。

ただ、振り込め詐欺やひったくりなどといった、お金目的の軽犯罪には注意するようにと、地域のフリーペーパーなどで警告がされていました。

それでも、賃貸住宅に住んでいる私のところにわざわざ泥棒は来ないだろうと思っていたのですが、泥棒に入られてしまったのです。まさか…と本当に驚きました。

最初に書いたとおり、盗まれてしまった家財分の補償は受けられましたので、経済的な損失はほとんどありませんでしたが、この一件以来、窓の鍵を閉めるだけではなく、外出時にはカーテンもしっかりとするようにしています。

また、他にも何かできることはないかと、防犯対策を色々と練っています。

●●知人からの紹介でジャパン少額短期保険の家財保険に入っています。正直に言うと、東京海上日動三井住友海上などといった有名どころと比べると、全くと言っていいほど知られていない保険会社だと思いますが、安くて更にインターネットですぐに契約できるというお手軽な点が気に入って、申し込みをしました。

今もあまりちゃんとは理解していませんが、損害保険と少額短期保険は結構似ていて、いわゆる一般的な前述のような会社が提供している家財保険と比較しても、それほど目立った違いはないと思います。保険料は年間数千円程度で済みますので、家にたいして高額な家財がないという方には、特におすすめできます。

【累計利用者5万人突破!】火災保険シェア上位16社から最安比較
火災保険の一括見積もりで20万円も節約できました!